レースルール&レギュレーション

旧車ならではのコース設定:
距離は1/8マイル、200メートルで予定。理由として『レースをスムーズに運びたい』『ゴールを観客から見やすい位置にして迫力を伝えたい』と考えています。ストックエンジン+ライトカスタム程度とし、200メートルを12秒前後、予想最高速100~120キロ程度で走行出来る車両。
*クラス分け、エンジンパフォーマンスによって1/4マイル、400メートルも検討しています。

ルール & レギュレーション:
公道走行車、車検、ナンバーを取得しているバイクを条件とします。84年までに生産されたプッシュロッド式エンジンを搭載した車両。ストック及びカスタム車両の両方を対象にしています。エンジン性能の差異はクラス分けで対応します。オイル漏れ対策は必須です。
*ドラッグフレームのレーサーも歓迎しますが、本気で最速を目指すレーサーはJD-Sterのハーレークラスの参加をお薦めします。

メーカー:
トライアンフ、BSA 、ノートン、アイアンヘッドスポーツスター、ハーレー(サイドバルブ、ナックル、パン、ショベル)、インディアン、BMWエアヘッド、日本車、または相応の同年代の4ストローク。車両に関しては柔軟に対応します。ナックルのみのクラス、XLCRのみのクラス、生産国対抗戦等の見応えのあるクラス分けを企画します。

ライダー装備:
ヘルメットはフルフェイス、もしくはオープンフェイスヘルメット。グローブはレザーもしくはレザー相当の保護性のある素材。シューズは足首が隠れるレザーブーツ着用。ウェアはワンピース/ツーピースレーススーツ(レザーもしくはレザー相当の保護性のある素材)を着用。*これらは必須装備です。申し訳ありませんが、普段着でのレースへの参加は出来ません。不慮のアクシデントに備える為に会場側からの要請でもあります。ウェアも含めて格好良く、安全に決めてください。

クラス分け:
只今作成中です。

参加可能車両、クラス分け等のご提案が御座いましたらお気軽にお聞かせください。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。